スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くだらないムカつく奴らが多いそんな毎日、でも俺は畳じゃ死なねー

算数じゃなくて、人と人との付き合いとしてさ
小数点以下の、どうでもいい話をグダグダ、あーだこーだ、ウザいヤツいるじゃんね?
そんな事「誤差範囲」だろ!どーとでもれるだろ!って事を、小っさい自分範囲でウダウダ言う奴。

あいつらって、自分が馬鹿な事、解ってないんだろうーね?
そんな奴ら、ウザいったら、ありゃしないw
50超えると、ムカついたからって、ブン殴る訳にもいかないしw

ああ、でも・・・
俺も若い頃は、自分の世界の小数点以下を
人に押しつけてたのかな…とか思ってみたりする^^;
1390295782.jpg
そんな今夜は
ヤッパ「永ちゃん」の曲聞いて自分を勇気づけるw
この年になって、なかなか闇に向かって走れないけど^^;
でも、この気持ち忘れたくないな。

俺、畳じゃ死なねーぜ!
たぶんw

https://youtu.be/Scawy2cA-6U


サブウェイ特急:矢沢栄吉

地下鉄には淋しい顔の奴らが 肩を並べてすわっている
背中に暮らしを引きずりながら 奴らは寝ぐらに帰るただそれだけ
エリナーリグビィーは  そう教会で死んだそうだぜ
でも俺は畳じゃしなねえぞ  ガラスの向こうは何も見えない闇だぜ
何かを見つけに行くんだ

ジェームス・ボンドは  そう髪の毛がはげるまでも
長生きなんて 様にはならねえぜ 聞こえないぜそんな小声でびくびく
地下鉄みたいに吠えてみろよ  あの娘が待ってる駅は素通りするのさ
まだしばられるには早すぎるぜ  ジェームス・ディーンはそう立ちふさがる
白いカベに ただ一人 命を燃やしたよ  ヤミに向って突走るのさ 何処までも
ホームのあの娘に HELLO GOOD-BYE

ジェームス・ディーンはそう立ちふさがる 白いカベに ただ一人 命を燃やしたよ
ヤミに向って突走るのさ 何処までも
ホームのあの娘に HELLO GOOD-BYE
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

ガキの頃 夏と言えばサザンじゃなくて石川セリだった

あの頃の夏、毎日がドキドキしてた。
IMG_9720.jpg

夏になると必ず行ってた、伊豆の白浜。
あの頃は、白い砂浜がとっても綺麗だったけど、今はどうなんだろうか?

ナンパしたい、されたい、ひと夏の経験をしたい奴らは新島へ
ちょっと大人の雰囲気を味わいたい奴らは白浜へ
波乗りしたい奴は千葉へ、って感じだったような記憶・・・

でっかいラジカセ持って、カセットテープで流してた曲は
サザンじゃなくて、矢沢でもなく”石川セリ”だったな~♪
https://youtu.be/8eecC5Hnlb8?list=RDKnqAV7p4mRA

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

あなたは、私が欲しい人です 【直訳】

Grease-grease-the-movie-3147019-1024-768.jpg

俺、英語サッパリ解らないから
きっとこの曲、男の女の掛け合い的な感じなんだろうなーって、勝手に思ってるんだけどさ
実際どーなんだろー?あはは
https://youtu.be/WvOWox2o5cU


この動画みいにさ
あの頃とは違って、お互いそれぞれの、別の生き方をしててさ
お互いが、お互いを別の一人として認め合っててさ
オリビアもジョンも、なんだか楽しそうだよねー♪

俺も、そんなあの人と、もう一度逢ってみたいなーとか思ったりしちゃったなーでへ

でも、きっとアレだよね?
あの時の思い出は、あの時のママで、そーっとしておいた方がイイんだよね?

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

オジサンがドキドキ

俺がガキの頃の歌謡曲って
若者向けじゃなくて、オジサン向けの色っぽさがあった気がする。

https://youtu.be/wMsdGFEJ5qA


https://youtu.be/6k6sjq9hg-4


今や、俺をドキドキさせてくれそうな歌い手は・・・
「スナック橘」くらいかなw

BJの8周年ライブに出演していただいた時の映像です。
27分くらいに登場します♪
https://youtu.be/AVkumAnRLx0

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

時代おくれ

オシャレなショットバーよりも
場末のスナックに足が向く
IMGP3620.jpg
好きな音楽を聴きながら、銀ダラの煮付けに熱燗
難しいことは考えず、ちょっとギターを弾いてみる、煮付を一口、酒を一口
相方の愚痴を肴に酒を呑む
こんな当たり前の事が、幸せと感じる

http://youtu.be/ZBFteb0f8qE


作曲:森田公一 作詞:阿久悠

一日二杯の酒を飲み
さかなは特にこだわらず
マイクが来たなら 微笑んで
十八番を一つ 歌うだけ
妻には涙を見せないで
子供に愚痴をきかせずに
男の嘆きは ほろ酔いで
酒場の隅に置いて行く
目立たぬように はしゃがぬように
似合わぬことは 無理をせず
人の心を見つめつづける
時代おくれの男になりたい

不器用だけれど しらけずに
純粋だけど 野暮じゃなく
上手なお酒を飲みながら
一年一度 酔っぱらう
昔の友には やさしくて
変わらぬ友と信じ込み
あれこれ仕事もあるくせに
自分のことは後にする
ねたまぬように あせらぬように
飾った世界に流されず
好きな誰かを思いつづける
時代おくれの男になりたい

目立たぬように はしゃがぬように
似合わぬことは 無理をせず
人の心を見つめるつづける
時代おくれの男になりたい

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。